トリミングの重要性

きれいに写真を印刷しようと思った場合、写真を用紙に合わせてトリミングしておくことが大切である。
ペイントツールなどでもできるが、多くの機能を使いたいときには有料のPhotoshopなどが便利である。

デジカメで撮った写真と用紙というものはどうしてもサイズが違います。
そのため、用紙にデジカメで撮った写真を合わせなければならない作業が出てきます。

付属のソフトでそういったことが簡単にはできるようになっているのですが、その結果は思い通りのものではなかったりする欠点があるのです。
さらに小さい場合には拡大して印刷することになりますが、写真の解像度によっては粗さが目立ってしまい、これもまた思い通りのものにはならなかったりするのです。

そこで、サイズを合わせるトリミングという手法がとられるのです。
縦横比を合わせておけば、拡大したとしてもどこかが切られることがありません。
縮小しなければいけないとしても、比率があっていれば、余白も均一になりきれいな形で印刷することが可能になってくるのです。

このトリミングは用紙の縦横比がわかっていれば、Windowsに付属しているペイントツールなどでもすることができます。
ただし、無料であるペイントツールには多くの機能はないため、手動で比率を計算し、切り抜きを行うことになります。

これに比べ、有料のPhotoshopなどを利用すると四角以外でも好きな形に切り抜くことができますし、比率も入力してトリミングすることもできます。
条件さえそろえば、複数の写真に関しても一度の操作で行っていくこともで着たりするのです。

本当にきれいな写真を印刷したり残したいと考えた時には、Photoshopの存在はとても大きなものとなってくるのです。

ページの先頭へ