PPC用紙の値段は品質に比例はしない

オフィスイメージ

PPC用紙はプリンターを使っていくうえで欠かせない万能コピー用紙ではありますが、水性ボールペンなどで染み込むかどうか試し書きしてみることで、プリンターを使ってきれい印刷できるか簡易的に判断できる。

プリンターを使い実際に印刷していく場合、用紙の存在は大事な要因となります。
インクやプリンターの姓で滲んだりきれいな印刷ができなかったりすることもあるため、相性のいい紙を選ぶことも大切なのです。

ランニングコストということを考えた場合、用紙のコストもあまりあげられないのが現状です。
そこで、PPC用紙などを使っていくことが一般的です。

PPC用紙とは普通紙コピー用紙のことであり、一般に流通している万能なコピー用紙ということになるのですが、どんなインクでも相性がいいわけではなく、用紙の質によっては滲んでしまったりすることもあるのです。

この判断をするには、実際に使ってみることが一番です。
印刷してみなければ触った感触などではわからないこともあります。

PPC用紙などの性能を簡易的に判断する方法として、使いたい用紙に対して水性ボールペンで書いてみるということがあります。
インクの粒子も小さく、油性ほどの速乾性もないために、試してみるには最も向いているものになります。
こういった方法で裏に染み出るような紙では、とてもプリンターに使うものとして適切ではありません。

実際に用紙というものは、値段だけでは測れない部分を持っています。
高価だからといってにじみが出ずにきれいな印刷ができるとは限りません。

これは精度が高いプリンターであっても同じであり、用紙の質というものは印刷の出来に大きく左右してしまうものになるのです。
格安でもきれいに印刷できるかどうか、しっかり試してから購入することで、品質を下げずにコストダウンを図ることもできるのです。

ページの先頭へ